fc2ブログ

小田原通勤ネットワーク

小田原市の現状(4)保育園空き状況と待機児童数のしくみ

小田原駅近くの保育園の数が利用者に反して極端に少ないことをお伝えしてきました。
では、保育園を駅近くにたくさん建てれば解決する話なのかといえばそうとも言い切れません。だから、我々は「送迎保育ステーション」を望んでいます。

change_banner.jpg ←署名サイトはこちら。

まず、小田原駅利用者で保育園を利用する家庭がどのくらいいるのか平成22年度国勢調査から調べてみました。

0~5歳の子どもがおり、夫が就業者の世帯数 5685世帯のうち
妻が就業者 2325世帯 40.9%
妻が非就業者 3354世帯 59.0%

※保育園を利用していない世帯もあるかもしれませんが、ここでは共働き世帯のすべてが保育園利用者と仮定します。

うち、電車利用者33.0%と推定すると767世帯が電車通勤世帯。
当然、小田原駅以外の利用者もいるので、2008年度の1日の各駅の乗車人数から小田原駅利用者の率を推測してみます。
詳しくは割愛しますが、JR、新幹線、小田急線、大雄山線の小田原市内の駅の乗者数をすべて足し上げると小田原駅利用率は全体の69.3%になります。
乗り換えだけで利用する人も多いと想定できるので、すべて足し上げるとダブルカウントになってしまいます。
そこでとりあえずJR+新幹線の数だけを小田原から乗車してどこかに通勤する割合と想定してみました。
すると、全駅の総利用者数の約半分が小田原駅利用という計算になりました。
つまり384世帯です。

これでは、すべての世帯が一人っ子としても、小田原駅周辺に384人収容できる保育園が必要、という計算になってしまいます。
※もちろん、駅前保育園でなく自宅近くの保育園があればよい、という方もいらっしゃると思われますが、それでも相当な数になるのではないでしょうか。
つまり、園を多少増やしたところで追いつきませんし、そもそも保育園は立地にさまざまな制限があるので、それだけ収容できるような大きな園の設置はなかなか難しいでしょう。

よって、保育園を設置するよりも園庭などの設置条件がない送迎保育ステーションの方が駅前に作りやすく、より多くの家庭を救済できるであろうということが、理由の1つ目です。


それに加え、小田原市は、市全体で見ると、待機児童が少ない、という事実もあります。
平成26年度4月1日時点での待機児童数は19人です。これは県内では少ない方です。
待機児童の数え方には自治体にかなり差があり、たびたび全国ニュースでも取り上げられているかと思いますが、神奈川県の待機児童の数え方はかなり実態とかけ離れたものといわざるを得ません(これは別に小田原市のせいではないのですが)。
無認可園に入所している場合や休職中の場合は待機児童に含めない、などが代表的なところですが、もっとも問題視したいのは以下の点です。

注7)入所可能な保育所がある(保育所における特定保育事業含む)にも関わらず、特定の保育所を希望し、保護者の私的な理由により待機している場合には待機児童数には含めないこと。
※他に入所可能な保育所とは、(1)開所時間が保護者の需要に応えている。(例えば、希望の保育所と開所時間に差異がないなど)(2)立地条件が登園するのに無理がない。(例えば、通常の交通手段により、自宅から20~30分未満で登園が可能など)


「通常の交通手段」が何を示すかわかりませんが、たとえば徒歩であっても2~30分といえば2kmを超えます。
駅から1kmの自宅に住んでいて、家から2km離れた園に預けたあと駅に向かうとしたら、片道だけで5kmです。
現実的に、徒歩で毎日通える保育園でしょうか?
また、もし「通常の交通手段」が自家用車を含めるのであれば20km離れた園でも「入所可能な保育園」ということですから、おそろしい話です。

小田原市は保育園の空き状況にかなり偏りがあるので、現実的には通うのが難しいような保育園でも、そこが空いていれば待機児童とはみなされません。
(たとえば、今小田原で空きが比較的多いのは早川保育園ですが、ここから半径2kmですと市役所の近くまで含まれますので、荻窪保育園に入れず待機しているような方々は待機児童とは見なされていない可能性があるのではないでしょうか)
つまり潜在的な待機児童はいったい何人いるのか想像もつかないのです。

そもそも小田原市内の保育園の空き状況に偏りがあるのは、昔と今とで人が多く住む場所が変わってきているからだそうです。
昔は保育ニーズが多かった地域にあまり人が住まなくなり、鴨宮・国府津のあたりに人が増えてきたそうです。
確かに、近年鴨宮周辺で認可保育園を増やす等、対策はしていますが、追いついていないのが現状です。
空きがある保育園を抱えた状態で無闇に新しい保育園を建てるのは難しい、というのが大きな理由です。
確かに市全体の収支を考えれば、わからない話ではありません。
ですから、送迎保育ステーションなのです。

送迎保育ステーションがあれば、自宅から遠く離れた保育園しか空いていなくとも入所させることができます。
待機児童が解消され、市内の保育園の空きの偏りを改善することができます。

我々は通勤者の送迎の負担を減らしたい、という1点の理由のみで、送迎保育ステーションを望んでいるわけではありません。
潜在待機児童を救済したい、これから産む人にも保育園の不安なく子どもを生んでほしい、だから小田原市にもメリットがあると思われる、送迎保育ステーションを望んでいるのです。

応援お願いします!
change_banner.jpg
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

疑問

小田原駅にステーションが出来れば親は助かるが、子供って直ぐ具合が悪くなり迎えに行かなければいけないような状況の時はどうするのですか?

紗栄子 | URL | 2015-10-23(Fri)21:08 [編集]


ご意見ありがとうございます。
来る8月7日(日)にシンポジウムを開催予定です。
送迎保育ステーションをされている自治体や事業者様がお見え野予定ですので、どうぞフロアにきてくださいましたら幸いです。
お待ち申しあげております。

| URL | 2016-07-20(Wed)01:00 [編集]